忍者ブログ
yanagi & kaz のアレこれブログ
[203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



慣性ドリフトの弱点

弱点と書くより "最大の注意点" と言った方が適切かもしれません。
慣性ドリフトを試している yanagi ですが、どうも "進入速度の判断" が難しい。
「怖いな~」と感じる事はしばしばあります。
もっと悪い事に「恐怖感に慣れてきた」のです。
もちろん、丁度良いアプローチがつかめて来ているのも事実ですが...

実速度は低速の部類ですが、進入角は、アウトいっぱいからインを突きます。
という事は...超過速の場合、"ラインオーバーしてしまう" わけです。
非常にシビアですよね。
そして、コーナーが深い場合はお手上げになります。
あくまでも見える範囲で速度決定し、進入で滑り出し...アクセルでアンダーを抑制し...きれないなら...コースアウトです。
もちろん、安全速度でアプローチし、ドリフトさせなければ、大丈夫でしょう。
先が見えない場合は、「無理に突っ込まない!」が鉄則ですね。

他の点としては、リズムに乗ってくると "押さえが効かなくなる" 事です。
段々と感覚が冴えます。
路面の質がつかめてきます。
ラインが見えています。
操作のタイミングが取れてきます。
車体の挙動が手に取るように分かります。 「人馬一体だ!」
これは、怖い落とし穴ですよね。

次に上げるのは、"下り" です。
下りは、自分が思う(感じる)速度より、ずっと低いスピードで滑る。
重力は、慣性Gよりもはるかに強いんですよね。
それなのに、感じ取りにくいのです!
重力を侮るな! どんな下りも全て危険だ。

最後にコメントしたいのは、3速進入ゆえにコントロール幅が狭いこと。
言い換えれば、タックインが使えないこと。
トラクションが少ないお陰でドリフト出来るわけですが、逆にアンダーステアの抑制は僅かしか望めない。
それで今後、2速進入でのドリフトを試してみる必要があるかもしれない。
しかし、どう考えても技術的難易度が高い。
ならば、3速進入からのシフトダウンの方が実際的なのだろうか。
PR
----------
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
最新記事
(04/04)
(03/14)
(02/28)
(12/08)
(11/27)
(11/20)
(08/14)
(07/12)
(07/04)
(06/26)
(06/18)
(06/06)
(05/06)
(04/25)
(04/17)
(02/28)
(01/06)
(12/23)
(12/18)
(12/11)
(12/01)
(11/13)
(11/02)
(10/21)
(10/08)
プロフィール
ハンドルネーム:
yanagi
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1964/06/26
職業:
さとう式整体師
趣味:
浜省&自作の弾き語り&食べ歩き
自己紹介:


日常の出来事を写真やコメントで紹介。

外食先の店の情報や買い物レビューあり。

旅行や公園散歩での写真撮影が好き。

健康には興味があり、自然も大好き。
最新コメント
[03/17 kaju]
[07/15 yanagi]
[07/15 ヤス]
[12/17 yanagi]
[12/17 AT]
[03/31 yanagi]
[03/30 AT]
[01/30 yanagi]
[01/30 篠木小東中出身43歳]
[11/22 yanagi]
[11/22 篠木小東中出身43歳]
[09/14 yanagi]
[09/13 AT]
[05/26 yanagi]
[05/25 AT]
[04/12 yanagi]
[04/11 AT]
[04/07 yanagi]
[04/07 kaju]
[01/12 yanagi]
[01/11 AT]
[01/11 yanagi]
[01/10 AT]
[12/22 yanagi]
[12/21 AT]
アフィリエイト




















サウンドハウス





楽天市場

ノートパソコン

エプソンダイレクト株式会社

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

P R
カウンター
忍者ブログ [PR]